【お知らせ】汚染水の海洋放出、パブコメ募集は17日いっぱいです

 福島第一原発事故による汚染水(国や東電は「ALPS処理水」と言っている)の海洋放出について、原子力規制委員会が東電の実施計画を審査しています。5月18日の会合で、規制委員会としては「東電の計画に安全性の問題はない」とする審査結果をまとめました。現在、その審査結果について、パブリックコメントを募集しています。

 このパブコメの募集が6月17日の午後23時59分までです。


海洋放出の実施計画を審査

 海洋放出に賛成の人も、反対の人も、考えていることを書いて提出すると良いと思います。インターネット上なら意見募集フォームから簡単に提出できます。

意見募集要領など

意見入力|e-Govパブリック・コメント

 政府が作っている募集要項には「原子力規制委員会の審査書案に対する科学的・技術的意見がありましたら、提出してください」と書いてありますが、筆者(ウネリ)はこの文言は無視していいと思っています。私たちの意見を「科学的・技術的なもの」に制限されるいわれはありません。また、「何をもって科学的とみなすか」についても意見が分かれるところでしょう。必ずしも政府が作った土俵に乗って相撲をとらなければならない、とは限りません

 たとえば筆者は現時点では海洋放出に明確に反対ですから、以下のようなこともコメントとして書きました。

私は「汚染水の海洋放出」自体に反対です。ですので、海洋放出を前提とした計画の審査書案については「海洋放出そのものに反対だ」という意見を書かざるを得ません。考えてみてください。「化学兵器をつくります。その作り方について科学的・技術的意見がありましたら募集します」と言われても、「この種類のガスを使ってください」とか、「製造工程にはこういう安全管理を徹底させるべきです」とか、そういう話にはなりません。まず一国民として、「化学兵器はほしくありません。作らないで下さい」と言うしかありません。


パブコメを書くための勉強会も

 くり返しになりますが、海洋放出に賛成の人も、反対の人も、考えていることをしっかり書いて提出するのが良いと思います。

 「パブコメの書き方が分からない」という人のために、以下のようなオンラインイベントも、連日開催されているようです。

 (7) パブコメみんなで一緒に書いてみよう! ~フクシマ原発汚染水の海洋放出に意見する5+1 daysアクション(6/11 + 6/13-6/17) | Facebook

 海洋放出がすべての人に関わる問題であることは確かです。政府のパブコメ募集をひとつのきっかけとして、いったん「自分なりに考えてみる」ことが大切なように思います。

関連記事↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。