報道

報道

【子ども脱被ばく裁判】控訴審の前に知ってほしいこと①

今年3月に地裁判決の内容を紹介した「子ども脱被ばく裁判」ですが、今月22日から仙台高裁で控訴審が始まります。控訴審が始まる前に知っておいてほしいことを数回にわたって書きます。  初回は、裁判のおおまかな点のおさらいです。  関連記事はこちら...
報道

岸田氏による福島・土湯での「第一声」

皆さん、肌寒くなりましたね。ということでウネリウネラは本日、湯治に行ってきました。由緒正しい福島市内の温泉町ですね。 そうしたら残念ながら、出会ってしまいました。遭遇してしまったんです。「未知との遭遇」、ならぬ「既知との遭遇」。(∵新しい資...
報道

報道現場の性暴力と「二次加害」について~長崎性暴力裁判に寄せて~

2007年に長崎市幹部(故人)から性暴力を受けたある女性記者が、市に損害賠償などを求め裁判を起こしています。この裁判の意義や論点は多岐にわたるため、ここですべてを書き尽くすことは到底できませんし、私はこの裁判について直接取材をしていませんの...
報道

原発事故避難者の住まいの問題⑤「実現しない国連調査」

原発事故が起き、避難指示が出なかった地域からもたくさんの人が、被ばくから身を守るために福島県内外へ逃がれました。区域外避難者(自主避難者)です。  本シリーズでは、住まいの問題をめぐって避難者たちが様々な形で苦境に立たされていることを書いて...
報道

原発事故避難者の住まいの問題④親族への圧力

原発事故が起き、避難指示が出なかった地域からもたくさんの人が、被ばくから身を守るために福島県内外へ逃がれました。区域外避難者(自主避難者)です。福島県はいま、首都圏の国家公務員宿舎などに暮らす避難者に対して、宿舎からの立ち退き圧力を強めてい...
報道

原発事故避難者の住まいの問題③賃料2倍請求

原発事故が起き、避難指示が出なかった地域からもたくさんの人が、被ばくから身を守るために福島県内外へ逃がれました。区域外避難者(自主避難者)です。福島県はいま、首都圏の国家公務員宿舎などに暮らす避難者に対して、宿舎からの立ち退き圧力を強めてい...
報道

原発事故避難者の住まいの問題②相次ぐ民事調停

原発事故が起き、避難指示が出なかった地域からもたくさんの人が、被ばくから身を守るために福島県内外へ逃がれました。区域外避難者(自主避難者)です。福島県はいま、首都圏の国家公務員宿舎などに暮らす避難者に対して、宿舎からの立ち退き圧力を強めてい...
報道

原発事故避難者の住まいの問題①「あべこべ裁判」

原発事故が起き、避難指示が出なかった地域からもたくさんの人が、被ばくから身を守るために福島県内外へ逃がれました。区域外避難者(自主避難者)です。福島県はいま、首都圏の国家公務員宿舎で暮らす避難者に対して、宿舎からの立ち退きを求める裁判を起こ...
報道

【ご意見ご感想】伝承館は何を伝承するのか~伝承館の教育的意義と県のバス代補助事業

一昨日、福島県内の伝承施設を概括した大阪市立大・除本理史教授の論文を紹介しました。 この記事に福島県出身の本田宏さんがご意見を寄せてくださったので紹介します。また、本田さんのご意見に少し関連するものとして、「東日本大震災・原子力災害伝承館」...
報道

【ご意見ご感想】「故郷を元に戻せ!」浪江町津島地区の人びとの裁判

7月30日、放射性物質に汚染されたふるさとを「元に戻せ!」と訴える福島県浪江町津島地区の人びとの裁判の一審判決が、福島地裁郡山支部で言い渡されました。ウネリウネラは31日付で裁判の内容をレポートしています。記事はこちら↓  福島県浪江町津島...
タイトルとURLをコピーしました