【不定期連載】コロナに負けそう

(2020年4月21日「ウネラのブログ」執筆記事に一部加筆、修正)

あちこちで「コロナに負けるな」といったメッセージのような、標語のようなものが散見されるようになりました。

国を挙げた(←こういう表現にも違和感があるのですが)イベント(←今だと五輪)や、危機的な状況(←今ならコロナですが、定期的に起きる自然災害や慢性的な政治腐敗など)に直面したときに、「〇〇に負けるな!」「頑張ろう△△!」「力を合わせて耐え抜こう」みたいな方向に行くのが、どうにも苦手です。

それと、「心をひとつに」。

となりの人とひとつにできるような単純明快な「心」って、そうはないでしょう。

そういうメンタリティーを、どうか一方的に押し付けてこないでもらいたい。

傷つくからです。

私は毎日を「負けそう」だ、「頑張れそうにない」と感じながら生活しています。

それでも、家族や友人たちが、何度も繰り返しかけてきてくれる「そこにいるだけでいい」という声を頼りに、生きています。

今世の中にあふれ日々拡大していく「負けるな」メッセージは、私にとって何より大切なその人たちの声を、一気にかき消していってしまう。そんなふうに感じることがあります。

このようなことを言うと、「負けるな」メッセージを出している側は「そんなつもりはない」と言うでしょう。実際そうなのだろうなとも思います。

「つもりがない」のは、「負けるな」メッセージをそんなふうに感じてしまう人たちがいることを、あまり想定していないからだと思うのです。

うまく伝えられずもどかしいのですが、声高になっていく前向きメッセージみたいなものに「のれない」苦しみというのがあります。

コロナには日々「負けそう」と感じているし、「頑張ろう」という言葉に押しつぶされてしまった人たちを、少なからず見てきています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。