子ども

ブログ

寄稿・小学校の先生から⑦「田中まさお」裁判について

ウネリ旧知の小学校教諭、有馬佑介さんから寄稿してもらいました。 今回は、現役の小学校教諭である「田中まさお」(仮名)さんが教員の長時間労働を変えようと起こした裁判について、書いてくれています。皆さんぜひ、お読みください。 ...
報道

裁判の行方は?~子ども脱被ばく裁判控訴審~

原発事故による放射線被ばくから子どもを守るため、当時福島に住んでいた親子が裁判に挑んでいます。「子ども脱被ばく裁判」です。一審の福島地裁では原告側が敗訴し、仙台高裁で控訴審が続いています。この裁判の口頭弁論が9月12日に開かれました。大き...
報道

「国と地方自治体が子どもを放射線被ばくから守ることを怠ったのは重大な過失である」~子ども脱被ばく裁判・原告の声

原発事故による放射線被ばくから子どもを守るため、当時福島に住んでいた親子が裁判に挑んでいます。「子ども脱被ばく裁判」です。この裁判の控訴審口頭弁論が9月12日、仙台高裁で開かれました。 裁判の一部がこの日結審するなど、大きな動きがあ...
報道

「きれいな海を」「約束できない」海洋放出めぐり東電が問題発言

 福島第一原発敷地内のタンクにたまる汚染水の海洋放出について、市民たちが反対の声を上げています。熱心に活動を続けているのが、市民グループ「これ以上海を汚すな!市民会議」です。  市民会議の人びとは今年5月13日、東電の担当者と都内で...
報道

汚染水の海洋放出をめぐる一日

8月3日、福島市内の空は早朝から白く濁っていた。 私はどうしたものかと思いつつ、間借りしている市民農園で、子どもたちと水やりをしていた。雨の予感は濃いけれど、すぐに晴れて前日までのようなカンカン照りになったらと思うと、土をひと通り湿...
報道

「汚染水」海洋放出反対の市民が福島県庁に集合

福島第一原発内のタンクにたまる汚染水の海洋放出に反対する市民たちが6月21日、福島県庁前に集合して「内堀雅雄知事は海を守って!」とアピールしました。少し遅れてしまいましたが、7月1日発売の週刊金曜日に短い記事を書いています。ぜひお読みくだ...
報道

【傍聴記】311子ども甲状腺がん裁判

《あの日は中学校の卒業式でした。 友だちと「これで最後なんだねー」と何気ない会話をして、部活の後輩や友だちとデジカメで写真をたくさん撮りました。そのとき、少し雪が降っていたような気がします。》  記者は人の話を聞くのが仕事だけ...
報道

「汚染水を海に流さないで‼」福島でスタンディング

 原発事故による汚染水(国や東電は「ALPS処理水」と言っている)の海洋放出に反対する市民グループが25日、福島県庁と東電福島復興本社に申し入れを行った。海の生き物たちを描いたブルーの旗をかかげて福島市内の街頭に立った。県内自治体の約7割...
報道

【子ども脱被ばく裁判】控訴審第3回口頭弁論・福島に住む女性の声

 子どもたちを放射線被ばくから守る権利を求めた「子ども脱被ばく裁判」は5月18日、仙台高裁で控訴審の第3回口頭弁論が開かれた。原告の一人、福島市に住む女性が、原発事故後、2人の子どもと歩んできた日々をふりかえり、法廷で陳述した。(ウネリウ...
報道

ダマリー国連特別報告者はなぜ訪日できないのか?

 国連加盟国の人権問題をチェックする「国連特別報告者」が、原発事故の関連で訪日調査を求めています。4年前の2018年から要求していますが、実現していません。なぜでしょうか?  最新の国会質疑を見てみると、日本政府は「新型コロナ」を理...
タイトルとURLをコピーしました