マガジン9

福島

「映画から考える3・11」第8回『プリピャチ』

 憲法と社会問題について考えるウェブサイト「マガジン9」で続いている連載「映画から考える3・11」です。今回はニコラウス・ゲイハルター監督の『プリピャチ』を紹介しました。  記事はこちら↓  ゲイハルター監督はチェルノ...
福島

「映画から考える3・11」第7回『福島は語る』

憲法と社会問題について考えるウェブサイト「マガジン9」で続いている連載「映画から考える3・11」です。今回は土井敏邦監督の『福島は語る』を紹介しました。  記事はこちら↓ この作品も必見です。パレスチナを長く取材してき...
新着情報

第5回: 自主避難する・しない、住民の亀裂を修復する『たゆたいながら』〈後編〉

憲法と社会問題について考えるウェブサイト「マガジン9」で続いている連載「映画から考える3・11」、第5回『たゆたいながら』の後編が本日配信されました! 記事はこちら↓ 『たゆたいながら』は、低線量被ばくの状況下に置...
福島

「映画から考える3・11」第4回:自主避難する、しない 選択を迫られた人々 『たゆたいながら』

 ご好評いただいていると信じております、連載「映画から考える3・11」(マガジン9)です。第4回は特に要注目です。知る人ぞ知る名作『たゆたいながら』について、フォーラム福島の阿部泰宏支配人に語ってもらっています。  記事はこちら↓ ...
ブログ

「映画から考える3・11」第3回:原発問題を「理解」する『日本と原発』

 マガジン9での連載企画「映画から考える3・11」、第3回の今回は、「原発問題を「理解」する」と題し、弁護士の河合弘之氏がメガホンをとった『日本と原発』を中心に話が進んでいきます。  テーマは「わかりやすさ」。  阿部さんはこ...
報道

「映画から考える3・11」第2回:福島原発事故は「エンターテインメント」になるのか?『Fukushima 50』

 マガジン9での連載企画「映画から考える3・11」、第2回の今回は、今年公開の『Fukushima 50』を中心に、話が展開していきます。  福島原発事故がエンターテインメント作品となり得るのか、フォーラム福島の阿部支配人とウネリが...
報道

「映画から考える3・11」

 本日、新しい企画が始まりました! パチパチパチ。  「映画から考える3・11」です。  憲法問題と社会問題を考えるネットメディア「マガジン9」さんで、連載化していただくことになりました。(ありがとうございます!)...
タイトルとURLをコピーしました