マガジン9での連載企画「映画から考える3・11」、第3回の今回は、「原発問題を「理解」する」と題し、弁護士の河合弘之氏がメガホンをとった『日本と原発』を中心に話が進んでいきます。

 テーマは「わかりやすさ」。

 阿部さんはこの映画について

いわば弁護士が裁判で行う「口頭弁論」だ、という風に捉えています

と表現しています。

 この映画に、学生などの若い人たちが反応したという点も興味深いところです。「映画」の門外漢が私費を投じてつくった『日本と原発』。ほかの作品と合わせて、ぜひ多くの人たちに観ていただきたいと思います。

 今回もとても興味深いお話をしてくださった阿部さんに、感謝しています。

関連記事

「見えなくされる」流れに抗うーー「もやい展 2021」レビュー(後編)

「見えなくされる」流れに抗うーー「もやい展 2021」レビュー

福島第一原発、3キロ圏内の現状

【子ども脱被ばく裁判】「山下発言」問題をふりかえる

テラスハウス問題に関するBPOの見解について

【イチエフ内過労死事件】判決の内容

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です