「震災支援ネットワーク埼玉」の性被害対応問題②関連・2022年3月末までの経緯

 「震災支援ネットワーク埼玉(SSN)」(代表・猪股正氏)の性被害対応問題について、被害女性とSSNの両者が公表してきた書面に基づき、これまでの経緯をまとめてみました。本文「震災支援ネットワーク埼玉の性被害対応問題②『団体としての加害』の自覚が足りない」と合わせてお読みください。※この問題についてすでに詳しい方は本文のみで大丈夫だと思います。


これまでの経緯

2017年 12月女性がSSN事務局長から性被害を受ける
2022年 1月
       
SSNが対応しないため、女性がインターネットで事案を公表
「震災支援ネットワーク埼玉事務局長による性被害について」
  2月10日  
       
SSNがホームページで書面を発表
「当団体職員による性被害に関する謝罪及び再発防止の取組について」
   3月1日  SSNの書面について、女性がインターネットで見解を表明
「震災支援ネットワーク埼玉HP掲載文書と私の要望について」

※2017年に性被害が起きてしまってから、今年1月に女性がインターネットで公表するまでのあいだにも、もちろんいろいろなことがありました。まず、裁判で被害事実が認められました。その裁判が終わったあと、女性がSSN(実質的には代表の猪股氏)に話し合いを求めましたが、SSN側は会おうとしませんでした。これらの詳細については、女性が1月に発表した文章や、ウネリウネラの2月4日付文章「震災支援ネットワーク埼玉」の性被害対応についてをご参照ください。今回は、2月10日付SSN書面とそれに対する3月1日付で女性が発表した文章を紹介します。


SSNはどんな書面を発表したのか?

 SSNが2月10日に発表した書面には猪股氏の署名が入っています。猪股氏が文責ということです。この文章はおおむね3つの段落に分かれています。

①被害事実を認めてのお詫び

 本件の発生につきましては、職員本人も事実関係を認めているところであり、被害者の方に対し、本件により深く傷付かれたことについて、まずもって、当団体として、深くお詫び申し上げます。

「当団体職員による性被害に関する謝罪及び再発防止の取組について」

 猪股氏はこう書き、事務局長の加害行為について、〈被害女性の意思に反して、手足や背中のマッサージを行うなど身体に接触し、その結果、恐怖心と激しい過呼吸発作を生じさせ〉たなどと説明しました。

②今後の対応

 猪股氏が示した今後の対応は以下です。

  • 事務局長の解任
  • 3月末でのSSNの活動休止
  • 再発防止に取り組む

 SSNの活動休止期間ははっきりしません。また、加害者は「事務局長」という役職から外れるということですが、SSNの活動自体から離れるのかは分かりません。

 「再発防止の取り組み」については以下のように書いています。

 被害者の方のお話を聞かせていただきながら、二度とこのような事態を起こすことのないよう、外部の識者等を入れてあらためて被害の原因を検証し、新たな体制を構築し、再発防止に継続的に取り組む所存です。

同上

③対応に時間がかかったことへの言及

 裁判が終わり、被害女性が話し合いを求めてから半年以上も対応してこなかったことについて、謝罪文は以下のように書いています。

 最後に、上述の諸点についての認識が不十分であったことから、当団体として適切な対応をしないまま時間が経過したことにつきましても、重ねてお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。

同上

SSNの書面について被害者の女性はどう思っているのか?

 被害者の女性によると、SSNはホームページ発表前に、女性本人に文案を送り、確認を求めました。女性がその「原文」に対していくつか意見を伝えたところ、先ほどの書面が発表されたそうです。

 では、実際にホームページに載せられた文章について、女性はどう思ったでしょうか。女性が3月1日にインターネットで発表した文章から紹介します。

「①被害事実を認めてのお詫び」に関して

 SSNが書面で認めた被害事実について、女性はこのように指摘しています。

 加害者がアロママッサージをしたこと、マッサージの途中でカーテンを閉めて照明を落としたこと、「好きになっちゃった」等発言したことなど、重大な事実がいくつも削除されています。

「震災支援ネットワーク埼玉HP掲載文書と私の要望について」

 被害事実を勝手に省略しないことは、(被害者が書いてほしくないことまで勝手に書くのと同じくらい)、性被害の対応における基本のように思います。

「②今後の対応」に関して

 先ほど書いた通り、被害者の女性は公表前にSSNの文案を受け取り、それに対して「意見」を伝えていました。実際にSSNが公表した書面には、女性の意見によって修正された部分もあるようです。女性の意見が採用されたとみられる部分を下線で示しながら、先ほどの文面を再引用します。

 被害者の方のお話を聞かせていただきながら、二度とこのような事態を起こすことのないよう、外部の識者等を入れてあらためて被害の原因を検証し、新たな体制を構築し、再発防止に継続的に取り組む所存です。

同上

 大事なポイントが実は被害女性の指摘によって加えられたことが確認できるでしょう。女性はこの点を以下のように述べています。

 私の要望、意見の一部を受け入れていただいたものと理解しています。一方で、修正にあたって何も説明がなかったこと、掲載文書でも私からの要望等には具体的に言及せず、最初からすべて自らの言葉であるかのように語られていることに違和感を覚えます。

同上

「③対応に時間がかかったことへの言及」に関して

 女性は以下のように書いています。とても重要な部分なので長く引用します。

 最初の申し入れ(2021年4月)から私が本ブログで被害を公表するまでの約9か月間、団体として一切回答しなかったこと、私の話を聞こうとしなかったことの問題にはまったく触れておらず、「適切な対応をしないまま時間が経過した」と問題を反らして矮小化しています。ただ時間が経過したのではなく、私が申し入れる度に、団体の皆さんは自ら「回答しない」という選択をしてきたと思います。なぜそのようなことをしたのか、それの何が問題だったのか。それらを具体的に語らないままでは、謝罪にはならないと思います。

同上

まとめ

 ①~③にわたって言えるのは、SSN(猪股氏)は十分に被害女性とコミュニケーションをとれていないまま「謝罪文」を発表したということです。文案を事前に送り、一部文章の修正はしたようです。しかし、「自分たちは何がいけなかったか」を被害者に聞かないまま、より根本的な部分の話し合いを行わないまま、火消しのための「謝罪文」を出してしまった。このように感じます。

One thought on “「震災支援ネットワーク埼玉」の性被害対応問題②関連・2022年3月末までの経緯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。