東京電力福島第一原発(イチエフ)の構内で2017年、自動車整備士の猪狩忠昭さん(当時57)が過労死したことについて、ご遺族が東電を含めた会社側に損害賠償を求めていた裁判の判決が30日午後2時、福島地裁いわき支部で言い渡されました。

地裁いわき支部は、猪狩さんが勤めていた車両整備会社(いわきオール)と同社の当時の経営者に対し、およそ2500万円の支払いを命じました。一方、東電の責任は認めませんでした。

福島地裁いわき支部=牧内昇平撮影

福島県いわき市に住んでいた自動車整備士の猪狩忠昭さん(当時57)は2017年10月、致死性不整脈で亡くなりました。イチエフ内で防護服に身を包み、放射能に汚染された車両の整備を行っていました。

勤務先からイチエフへの移動時間を含めると、亡くなる前1ヶ月の時間外労働(残業)は100時間を大きく超え、仕事が原因で亡くなった「労災」と認められました。

猪狩さんの遺族は、社員の健康管理を怠ったとして会社側(いわきオールなど)を訴えていました。

また、直接の雇用関係はなかった東電についても、イチエフ内の救急医療体制を十分に整備しなかったこと、そして、記者会見で「遺族を傷つけるような発言」を行ったことへの慰謝料を求めていました。

どんな発言をしたかについては、以下の記事をお読みください。

判決の詳細は後ほど書きたいと思います。

関連記事

「見えなくされる」流れに抗うーー「もやい展 2021」レビュー(後編)

「見えなくされる」流れに抗うーー「もやい展 2021」レビュー

福島第一原発、3キロ圏内の現状

【子ども脱被ばく裁判】「山下発言」問題をふりかえる

テラスハウス問題に関するBPOの見解について

【イチエフ内過労死事件】判決の内容

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です