ウネラです。今日はうれしいお知らせがひとつ。

 以前ウネリが取材させていただいた福島市の歌人、齋藤芳生(さいとう・よしき)さんの歌集『花の渦』が、第7回佐藤佐太郎短歌賞を受賞されたとのことです。おめでとうございます。

 本当に素敵な歌集なので、未読の方はぜひこの機会に手にとってみてください。

 齋藤さんの歌は私たちにとっては、福島の地との出会いの歌でした。いま齋藤さんの歌を読んでいても、ここに越してきたときのことが、ありありと思い起こされます。

 記事にも書いた通り、私たちは福島とどう関わるかを模索していました。今もそうです。

 短歌や俳句のようなごく短い詩のことばのなかに、この地に住む人たちの声のようなものが、凝縮されているのではないだろうか。外から来た私たちでもせめて、そうしたものにそっと触れて何かを感じ取ることができないだろうか。そんな気持ちでした。

 

 その後身辺があわただしかったことなどもあり「福島の歌人・俳人たち」という企画が止まってしまっていましたが、近々第二回記事を出すつもりです。

 次回は「俳句」編。

 素敵なご縁に手繰り寄せられるように先日直接お目にかかることができた、憧れの俳人の方のことを書かせていただきたいと思っています。

 齋藤さん、改めて受賞おめでとうございます。感謝を込めて。

 

関連記事

「見えなくされる」流れに抗うーー「もやい展 2021」レビュー(後編)

「見えなくされる」流れに抗うーー「もやい展 2021」レビュー

福島第一原発、3キロ圏内の現状

【子ども脱被ばく裁判】「山下発言」問題をふりかえる

テラスハウス問題に関するBPOの見解について

【イチエフ内過労死事件】判決の内容

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です