発想の転換を/「女性のみなさん、気をつけて」?

みなさんの「チョットした心掛け、チョットした工夫」で犯罪被害にあう危険を少なくすることが出来るのです。
— 読み進める www.pref.aichi.jp/police/anzen/shijo/josei.html

みなさんの「チョットした心掛け、チョットした工夫」で犯罪被害にあう危険を少なくすることが出来るのです。

警察のみなさんの多くが、卑劣な犯罪の抑制、撲滅に努めたいとの気持ちで、こういった広報されていることは、わかります。

だからこそ、ちょっとだけ、発想の転換をしてほしいと思います。

みなさんの「チョットした心掛け、チョットした工夫」

を、「想定される被害者」にのみ求めるのは変じゃないですか?

むしろ、

「チョットした心掛け、チョットした工夫」

が必要なのは

「加害してしまうかもしれない人」全体なのではないでしょうか?

うまく伝わらないかもしれませんが…

あえて乱暴な言い方をすると、

「女性は殴られやすい存在なので自衛に自衛を重ねてください」

と置き換えられるようなメッセージが当然のように発せられていることに、疑問があるわけです。

これでは、「殴る方が悪い」という道理が、みるみる薄まってくる。

実際、そうなっていると思います。

「夜遅く出歩く女性は狙われる」

という言説を「是」として共有する社会は、本来おかしい。

それは、いついかなる状況でも、誰かを誰かが襲って傷つけていいわけはないからです。

女性だから男性だからということとも違う、人間として当たり前のこととして、言いたい。

「痴漢に注意」という看板を見るたび、過去に受けた性被害について「わたしの注意が足りなかったのかな」という思いに駆られます。

被害から10年以上経った今でもです。

けれどここ数年で、自分と同じように感じている人が少なくないことを、知りました。

その人たちがどういう思いで毎日を生き抜いているか。

もっと顧みられていいはずだと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。