こどもたちとの会話

 わたしはこどもたちと話をするのが好きです。たとえばついさっき、こんな話をしました。居間でわたしが本を読み、こどもたちがビデオにとったアニメ『ドラえもん』を見ていたときのことです。

  わたし「ジャイアンって、こんな声だったっけ?」

  こども「そうだよ。きむらすばるさん、ていう人だよ」

  わ「お父さんが見ていたころはたぶん、ちがう人だったんだよな」

  こ「だれだった?」

  わ「おぼえてないなあ」

  こ「なんとなくでいいから、言ってみて」

  わ「そうだなあ。ちばがきてつや、とかそんな感じだったな」

  こ「ふーん。ちばだてつや、ではなくて?」

 インターネットで調べたら、ジャイアンの声優をしていたのは、たてかべ和也さんという方でした。わたしは少しだけかすっていましたかね。こどもは『あしたのジョー』のちばてつやさんのことを小耳にはさんでいたのかもしれません。

 テレビでは、きむらすばるさんのジャイアンが、スネオにジャーマンスープレックスをしていました(マネしないでくださいね!)。スネオの「オ」は、「夫」だったかな、「男」だったかな、などと考えていると、こどもが話しかけてきました。

  こ「お父さん、さっきの話、おもしろかったよ」

  わ「どんな話だった?」

  こ「父の日のプレゼントで、のび太がパパに、ぼうけんができるお茶をプレゼントする話だよ」

  わ「アドベン茶ア、ってか?」

  こ「そうだよ。どうしてわかったの? 聞いてたんでしょ」

  わ「聞いてないよ。なんとなく分かるんだよ、藤子不二雄さんの考えることだから」

  こ「ふじこふじお、ってだれ?」

  わ「まんが家だよ」

  こ「ふーん。それはいいとして、ことのわか、って知ってる?」

  わ「琴ノ若ね。知ってるよ。古いこと話すね」

  こ「古くないよ。いま、人気の人だよ」

  わ「新しい琴ノ若がいるんだな。まわしの色は?」

  こ「水色と青色がまざったような色だよ」

  わ「マーブルなまわしか?」

  こ「ちがうよ。水色と青色がまざった『ような』色だよ」

  わ「そうか。お父さんが知っている琴ノ若は、えんじ色のまわしをしめていたと思うよ」

  こ「ふーん。そうなんだ。好きだった?」

  わ「まあまあね」

 わたしはこどもたちとこんな話をするのが好きです。「父の日」と設定されているきょうではなく、他愛のない会話を積み重ねていく日々を愛おしく思っています。

 こどもたちはいま、わたしに「内緒で」手紙を書いてくれているようです。手紙には、えんじ色のまわしをしめたお相撲さんの絵が、書いてあるかもしれません。

 わたしもそのうち、自分の父に手紙を書かなければと思います。手紙を書いてくれる人、送れる人がいることが、当たり前のことではないことを、かみしめながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。