【著書紹介】『過労死 その仕事、命より大切ですか』

牧内昇平『過労死 その仕事、命より大切ですか』(2019年/ポプラ社)

ぼくの夢

大きくなったら
ぼくは博士になりたい
そしてドラえもんに出てくるような
タイムマシーンをつくる
ぼくは
タイムマシーンにのって
お父さんの死んでしまう
前の日に行く
そして
「仕事に行ったらあかん」
ていうんや


これは、お父さんが「過労自死」してしまった6歳の男の子、マー君の言葉です。

マー君のお父さんが亡くなって20年近く経ちますが、今もなお、過労死遺族の思いを象徴する詩として、大切に読み継がれています。

本書は、そんな遺族たちの「今」を7年間にわたり追ったノンフィクションです。朝日新聞で掲載された過労死特集「追いつめられて」をもとに追加取材を重ねて一冊にまとめました。長時間労働だけでなく、パワハラ、サービス残業、営業ノルマの重圧など、働く人を「過労死」へと追いつめる多くの問題に触れています。

過労死を「自分ごと」として考え、日々の働き方、暮らし方をみつめ直してもらう。それが本書のねらいです。


第1章:幼子を残して逝った市役所職員

第2章:ステーキ店社員を苦しめた上司の暴力

第3章:若き公共放送女性記者の過労死

第4章:熱血先生が倒れた

第5章:スーパー店員、サービス残業の末の過労死

第6章:新入社員24歳の「過労事故死」

第7章:夜勤漬けのビデオ店社員、退職半年後の過労死

第8章:心の病にたおれた「まちの郵便屋さん」

第9章:リフォーム営業の男性を追いつめた「残業代ゼロ」

第10章:支え合う遺族たち

第11章:県庁マンの心をむしばんだ上司の叱責


関連記事(書籍の内容の一部を読むことができます)

子煩悩で真面目な市役所職員が、過労死で自らの命を絶った理由~その息子が私に教えてくれたこと~ (現代ビジネス「FRaU」2019年3月14日掲載)

「本当に壊れちゃう」過労死したスーパー店員が出したSOSの意味 (withnews2019年3月27日掲載)

過労死の31歳女性記者は携帯握りしめ他界、両親の無念すぎる悲劇の全幕 (週刊女性PRIME2019年4月12日掲載)

関連記事

24歳の彼は、正社員になった翌月、寝ずに働いて過労事故死した 若者の過労死、その実態 (現代ビジネス「FRaU」2019年3月26日掲載)

若者の過労死を「しない」「させない」ための6カ条 長時間労働だけが理由じゃない (現代ビジネス「FRaU」2019年3月27日掲載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。