3月から福島市で暮らし始めました。

コロナウイルスの問題が深刻化する中の転居で、さまざま困難もありましたが、少しずつ新生活が落ち着きつつあります。

福島に来て学ぶこと、考えることも多く、これからまた少しずつ書いていけたらと思っています。

ウネリウネラ

春を見過ごしていた

関連記事

寄稿エッセイ・小学校の先生から

みつける ~ユリ・シュルヴィッツ『ゆき』を読んで~

第5回: 自主避難する・しない、住民の亀裂を修復する『たゆたいながら』〈後編〉

伝承館は何を伝承するのか~展示資料の記録①

『映像歳時記 鳥居をくぐり抜けて風』について

「映画から考える3・11」第2回:福島原発事故は「エンターテインメント」になるのか?『Fukushima 50』

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です