俳句とか、少しずつ。更新滞り気味です。


 冬

縄跳びの子ども大きな海の中

畳紙に晴着重たき冬の朝

べそかいてだまりこくって冬夕焼

銃口の先三歳の子熊なり

ぬくみみな伝へ尽くして懐炉冷ゆ

大喧嘩してさっぱりとおじやとす

冬帽子かぶせ次々野放しに

ふたりきり煮魚に良き鰤選ぶ

折り紙の花のこぼるる風邪籠り

年の暮どこへも行かぬ空があり

真四角の箱出でにけり枯れ野へと

きりたんぽ電子煙草の父無口

竹馬や出会ふ前まで好きな人

 秋

はらいたの子に添ひ寝する盂蘭盆会

磯場より見上ぐる雲や秋立ちぬ

山の中やがて蜻蛉の海の中

兄弟の影もつれたる良夜かな

金木犀二歳の今朝のしづかなり

桃色のほつぺの中は葡萄かな

 夏

花は葉に君にひと日のこと聞きて

ぺたぺたと触る絵本のかたつむり

睡蓮やそつと降ろさん子の寝息

こどもの日種に被する土黒し

のびちぢみのびちぢみせむ夏きたる

薔薇園やあらん限りの幸の果て

弁当の隅にがらんと夏は来ぬ

カンパネララ・カンパネラ緋鯉浮く

ほがらかや君に隣れる夏木立

一人づつさなぎとなりぬ夏蒲団

胡瓜には水をやるらし反抗期

日盛りやマリオネットの糸垂るる

ふるさとの朝にひらめく川蜻蛉

 春

ふきのとうまたおちょぼ口とがらせて

氷水に目覚めて青し春の蕗

雪解水いのち孕みて濁りけり

やはらかき紙に包めるつくづくし

ひざまずく懐かしさなり黄水仙

春の夜に開く切り花の切られ口(20190411フラワーデモ@東京)

車ごと浸かってゆきし春の宵

手遊びの指の間を木の芽風

蜜蜂の吸ひつきて底なき渇き

春の野に三人の子の立てこもり

注ぐ日を泡立ててゆく白き蝶

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。